キャリアモデル

講演等の機会に、「私は○○先生の弟子です」と言える今の自分が
いることを幸せに思います。師の存在は、時に、迷える私の「航路」を
常に良き針路に導いてくださるもの‥「キャリアの羅針盤」です。

今日のPOCKET;「迷ったら、師の姿を見、声を聞く」
検索フォーム
アクセスカウンター
最新コメント
カテゴリ
リンク