長野5年研(高校)を終えて

昨日同様、長野5年研(高校)の先生方約100名の前での2時間半講演。
師;國分康孝先生が私にとって高い壁であり続けるように、私も若い人
にとっての壁でありたい。「学び続けねば」…自分に言い聞かせて。

今日のPOCKET;「若者への『高い壁』であることも年長者の務め」
検索フォーム
アクセスカウンター
最新コメント
カテゴリ
リンク