読書の時間

読書は「著者との対話」。私は城山三郎氏の著作が好き。今日の
「対話」は「硫黄島に死す」。バロン西の生涯に触れながら戦争に
ついて城山氏の想いを聴き、私の想いをつぶやく…良き時間でした。

今日のPOCKET;「読書とは著者と対話するひととき」
検索フォーム
アクセスカウンター
最新コメント
カテゴリ
リンク