子どもにかかわる大人として

子どもにかかわる大人(親・教師)として、子どもが溺れそうな時、
その子を救うために泳いでいったり、浮き輪を投げたりしたいもの‥。
「泳力・浮き輪」=「知識・理論・技法」‥学びを続けていきましょう!

今日のPOCKET;「溺れる子を救うには『泳力・浮き輪』が必要」
検索フォーム
アクセスカウンター
最新コメント
カテゴリ
リンク