目の前の「石橋」

目の前に渡りたい石橋があるとします。その石橋をトントンと叩く
ことは必要。そして「よしっ」と思ったら私は注意しながら渡ります。
不幸にして橋が落ちても溺れず、岸に泳ぎ着くくらいの「泳力」はあり!

今日のPOCKET;「石橋を叩いたら渡る」
検索フォーム
アクセスカウンター
最新コメント
カテゴリ
リンク