人生という航海

人生が航海であるならば、「私という船」があわや転覆するほどの
「暴風」を受けたのが今日。帆を下ろし、何とか持ちこたえた「船」は、
明日、きっと順風を受けて航海を続けることができます。

今日のPOCKET;「やがて暴風は止み、順風が吹く」

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
アクセスカウンター
最新コメント
カテゴリ
リンク